人体の免疫力を強めてくれる乳酸菌

乳酸菌は人体に対して、様々なポジティブな効果が見込めます。その1つは、NK細胞の活性化です。その効果によって、重病などにかかりにくくなると言われています。なぜなら免疫力が強くなるからです。

 

NK細胞の減少は大きな病気の元

 

そもそも人間には、元々悪い悪い物を退治できる力が備わっています。その1つは、血液の内部に含まれている白血球なのですね。
ただ白血球の中にも色々な細胞が存在するのですが、その1つにNKと呼ばれるものがあります。ちなみにNKというのは略称で、正式名称はナチュラルキラーです。
NKの働きなのですが、人間に対して悪さをしてくる細菌類などを殺傷してくれます。もちろんウイルスなども殺傷してくれるのですね。
しかしその免疫の力も、状況によって弱まっている事があります。例えばちょっと年齢を重ねると、NK細胞は弱体化する傾向があるのだそうです。それとあまり食生活が良くないと、やはりNK細胞が弱くなってしまいます。それで重い病気になってしまう事例が、しばしば見られます。

 

乳酸菌でNK細胞がパワーアップ

 

ところが乳酸菌を摂取しますと、そのNK細胞の力が強くなってくれるのだそうです。以前にその細胞に対する実験が行われた事があったのですが、乳酸菌を多く含む食事を摂取した方々は、その細胞の能力はパワーアップしていたと言われています。もちろんその細胞がパワーアップしてくれれば、細菌類などを多く殺傷してくれますね。重い病気などにもなりづらくなるでしょう
ちなみに人間の体内で生きているNK細胞は、約70%が腸内で生息していると言われています。ですので腸内に対して乳酸菌を届けてあげれば、NK細胞が活発化する事になるのですね。ちょっと最近体調不良が多いと考えているならば、腸内に乳酸菌を届ける事を心がけると良いでしょう